美容の資格について

エステティシャンになるには資格って必要なの?と思われる方も多いことでしょう。
現在、美容の仕事に就く為に資格が必須ではありませんが、お客様の体をじかに触れる職業です。
お客様に安心して施術を受けてもらえるように、デビューするまでにきちんと勉強をして
エステサロンやネイルサロンなどに就職する方が年々増えています。

また、資格があれば就職も当然有利になったり、就職先で資格手当の支給や将来性に差が出てきます。
このページでは、それぞれの職業につくために有利な資格をご紹介します。

お客様を磨きながら自分も綺麗になれる!エステティシャン

資格の種類 資格名 説明 参考(URL)
国際資格 IPSNビューティセラピスト国際資格 日本スパ・ウエルネス協会認定ビューティセラピストを取得し、1年間の実務経験を経て申請できるIPSN(国際職業人標準機構)認定の国際資格。日本のカリキュラム(実務内容)が海外(加盟国)でも認められるため、実用的な資格です。 http://www.spa-wellness-japan.or.jp/
CIDESCO国際ライセンス(Beauty Therapy Diploma) CIDESCOセラピーの基本となるディプロマです。
この他にもアロマとスパもあります。
http://www.cidesco-nippon.or.jp/index.html
上級認定資格(1,000時間) 認定ビューティセラピスト(日本スパ・ウエルネス協会)

日本エステティック機構(JEO)が合格証を発行する上級認定資格です。1000時間以上の教育を受けた方、又はそれと同等の知識・技術を有すると認められる実務経験者が対象となります。

※受験資格は協会により異なります。

http://esthe-npo.org/img/ticien_img.jpg


■日本スパ・ウエルネス協会
http://www.spa-wellness-japan.or.jp/

■日本エステティック協会
https://ajesthe.jp/

■日本エステティック業協会
http://www.esthesite.com/

認定上級エステティシャン(日本エステティック協会)
認定上級エステティシャン(日本エステティック業協会)
認定資格(300時間) 認定エステティシャン(日本スパ・ウエルネス協会)

日本エステティック機構(JEO)が合格証を発行する認定資格です。300時間以上の教育を受けた方、又はそれと同等の知識・技術を有すると認められる実務経験者が対象となります。


所定の実技試験に合格し、エステティシャンセンター試験に合格した後に申請・取得できる資格です
※資格申請の条件は協会により異なります。

http://esthe-npo.org/img/ticien_img.jpg


■日本スパ・ウエルネス協会
http://www.spa-wellness-japan.or.jp/

■日本エステティック協会
https://ajesthe.jp/

■日本エステティック業協会
http://www.esthesite.com/

■ICAM(日本支部)
https://www.icamjapan.com/

認定エステティシャン(日本エステティック協会)
認定エステティシャン(日本エステティック業協会)
ICAM(日本支部)

*日本エステティック機構[JEO]認定協会 日本エステティック機構[JEO]は2004年5月、エステティックに関する認証活動を行う中立・公平な第三者機関として発足しました。
2011年4月、国税庁長官より「認定 特定非営利活動法人」として認定を受けた団体です。
消費者が安心してエステティックサービスを受けられる仕組み(制度)を策定・実施する、業界独自の取組みを行う機関として設立され現在に至ります。

繊細なアートセンスが光る!ネイリスト(ネイルアーティスト)

ネイルスペシャリスト
技能検定
≪受験資格≫
年齢、実務経験などの制限はありませんが、A級に関しては理美容学校の在校生対象となります。
インターナショナルネイルアソシエーション(I-NAIL-A)が主催する資格で、A級、PA級、AA級、AAA級の4ランクがあります。平均合格率はA級が約80%と比較的取りやすい割合ですが、それ以上のランクに上がる程難関となり、PA級では約30%、AA級では約18%、AAA級はなんと約7%の狭き門となります。それだけに、資格を持てば一流ネイルアーティストとして高い評価を受けられ、自分の店舗を持つことも充分可能です。
日本ネイリスト協会(JNA)
認定ネイリスト技能検定

≪受験資格≫
2級と3級の検定試験は受験資格制限はありませんが、2級合格者のみが1級を受験できます。

3級〜1級の3ランクがあり、1級を取得すればネイリストとして高く評価され、自分の店舗を持つことも充分可能です。

コスメのセンスとテクニックが勝負!メイクアップアーティスト

IBF国際メイクアップ
アーティスト
≪受験資格≫
IBF指定校で所定のカリキュラムを修了していること
IBF(国際美容連盟)が実施する審査で、プロのメイクアップ技術をはかる実践的な試験があり、合格率は2005年実績では71.6%となっています。取得後は一定の技術力の証明にもなる為、タレントのメイク担当から化粧品メーカー、百貨店のビューティーアドバイザーまで幅広い就職先が見込めます。

香りと効能でお客様を癒すお仕事!アロマセラピスト

英国IFPA認定
アロマセラピスト
≪受験資格≫
IFPA認定校の指定のコースで学び、カリキュラムを修了した者

IFPAはアロマセラピーの本場英国で設立された協会で、質の高いアロマセラピストの育成を実施しているため、国際的にも評価の高い資格です。初回受験者の場合、約60%の方が合格しています。もし不合格でも再試験を受けられます。その結果、数回の受験でほとんどの人が合格しています。

日本アロマ環境協会(AEAJ)
認定アロマセラピスト
≪受験資格≫
AEAJ会員でAEAJ認定アロマテラピーアドバイザー取得者
一般の人々にトリートメントやコンサルテーションを含めたアロマテラピーを提供できる能力を認定する資格です。プロのアロマセラピストとして、あるいはボランティアとして、第三者にアロマテラピーを実践するために適した資格です。



足裏から体内美容へアプローチ!リフレクソロジスト

日本リフレクソロジー協会
認定リフレクソロジスト
≪受験資格≫
協会直営校で通学または通信教育で所定のカリキュラムを修了していること
リフレクソロジーサロン最大手のRAJAが運営する日本リフレクソロジー協会です。ヒーリング効果の高い英国式リフレクソロジーを独自に発展させた「ホリスティックリフレクソロジーR」を学べ、検定不合格でも補講や再試験を受けることができるので、最終的な合格率はほぼ100%と非常に高い合格率を誇ります。

日本リフレクソロジスト認定機構
(JREC)認定リフレクソロジスト

≪受験資格≫
JRECの指定校・認定校・加盟校のいずれかで所定の講座を修了していること

リフレクソロジー専門サロンに就職する方がほとんどですが、近年ではエステサロンでもリフレクソロジーコースを備えているところが増えたことを受け、エステサロンや整体治療院などで働く人もいます。

ロイヤルリフレクソロジー協会
(RRA)認定リフレクソロジスト

≪受験資格≫
RRA認定校で所定のカリキュラムを修了していること

RRA認定の英国式リフレクソロジー講座を受講すると、エステセラピー(スキンケア+メンタルケア)の資格を同時取得できます。リフレだけでなくフェイシャルやリンパドレナージュのエステ技術も見につけることが可能です。

ジャパントータルフットケア協会(JTFA)認定リフレクソロジスト

≪受験資格≫
ジャパントータルフットケア協会認定校で所定のカリキュラムを修了していること

JTFA認定資格のリフレクソロジーは、卒業検定に不合格となっても無料で補講や再試験を受けることができるため、最終的な合格率は、ほぼ100%と非常に高い合格率を誇ります。資格取得後は、直営サロンへの就職・健康施設・スポーツクラブ等への就職や、独立開業・ボランティア活動など幅広い活躍が望めます。

その他の資格

日本エステティック協会
認定トータルエステティック
アドバイザー
≪受験資格≫
日本エステティック協会の正会員で、次の条件のうち、いずれかにあてはまること
・協会認定校の所定のカリキュラ ムを修了し、正会員で1年以上の実務経験がある
・シデスコインターナショナル資格の取得者で、正会員で1年以上の実務経験がある
・協会認定エステティシャンの資格取得者で、正会員で3年以上の実務経験がある
エステティック理論と技術を充分理解し、指導者的な立場になれるエキスパートとしての能力を認定する資格です。既にエステティシャンとして経験があり、さらにステップアップしたい方は将来的に開業を目指し取得を目指すのも有効です。
ジャパントータルフットケア協会(JTFA)認定フットケアリスト
≪受験資格≫
ジャパントータルフットケア協会認定校で所定のカリキュラムを修了していること
タコ・ウオノメ等トラブル足に対処できる実践技術が身につくため、未経験者の方やネイリスト・看護師の方に需要が高い資格です。資格取得後はサロン・健康施設・スポーツクラブ等への就職や、独立開業・ボランティア活動など幅広い活躍が望めます。

copyright (c) エステ・スクール総合ランキング All Rights Reserved.