Q&A 資格について




エステティシャンは資格が無いとなれないのでしょうか?

日本にはまだ公的なエステティシャンの資格は無く、直接サロンの求人に応募して就職することも可能です。しかし、やはり資格を持っていると就職後により上級エステティシャンにステップアップしやすくなったり、スタート時から一定基準の技術や接客マナーを持って働けるので、その分有利な条件で働けるケースがあります。
自分がエステのお客様であった場合に、しっかりと勉強して確かなアドバイスと施術をしてくれるエステティシャンと、そうでないエステティシャンどちらを選ぶかと考えたときに答えが自然と見えてくることでしょう。




資格があると就職・転職に役立ちますか?
資格を取得した場合には、就職や転職に大きなアピールになります。また、就職サポートをしてくれるスクールもあります。未経験の方でも、取得した資格を武器に、転職できるチャンスはあります。



スクールに通えば資格は取れますか?
各協会の認定校に通って規定の授業を受けた場合、卒業と同時に受験資格を得られます。認定校でないスクールを卒業した場合は、直接協会に申し込んで正会員となり、申し込みをすれば受験資格が得られます。ただし、協会によっては正会員になる時点である程度の実務経験を持っていることなど、ある程度の条件が付けられる場合があります。つまりは、とりたい資格に対応した授業を受けることが資格を取る一番の近道と言えるでしょう。



海外でエステティシャンとして働きたいのですが、どんな資格を取ればいいのでしょうか?

海外でエステティシャンになる為の主な資格は、
・CIDESCO認定インターナショナルエステティシャン
・AEA(日本エステティック業協会)認定インターナショナルエステティシャン
以上の2つが有名です。これらの資格を取るには、各協会の認定校で規定のコースを卒業後、認定エステティシャン試験合格後に実務経験を数年重ねて初めて受験資格が得られます。





copyright (c) エステ・スクール総合ランキング All Rights Reserved.